本当は危ない植物油
いい油、悪い油の根拠を明確に説明しているので、とても勉強になる書籍です。
根拠論文や実験データについては反対意見もありますが、明らかに言えるのは、エゴマ油を代表としたαリノレン酸が健康増進に極めて高い効果を発揮するということです。
大きな商権、利権のからむ話のため、世論を形成するほどの影響は今のところありませんが、油の選択基準として何が正しい情報なのか、また植物油と健康について学ぶ人にとっては非常に適した書籍です。

・ 販売価格

843円(税62円)

・ 購入数